医師国家試験、医師予備試験・個別指導塾       

◆トピックス◆
◆第114回医師国家試験の施行の発表がありました。
※詳細は、第114回医師国家試験の施行 を参照。
試験日は、令和2年2月8日(土)、2月9日(日)です。
(2019.07.01) 

◆令和元年度医師国家試験予備試験の施行の発表がありました。
※詳細は、令和元年医師国家試験予備試験の施行 を参照。
第1部試験日は、令和元年6月14日(金)です。
第2部試験日は、令和元年9月20日(金)です。
(2019.05.07) 

医師国家試験受験資格認定
個別指導
 PBLは学校のように、一斉授業はありません。課題を送ります。受験勉強は一人です。個々に状況が違います。試験に向けての基本は同じですが、個々の状況に対応して、個別指導を行います。
 対策講座として
 1・医師国家試験対策講座  
 2.医師予備試験対策講座 
 3.個々の状況に応じた講座・勉強会 
  ・日本語診療能力調査対策勉強会、身体診察、医療面接
  ・実地試験対策勉強会
  ・医学日本語抄読会
 などの講座を用意し、合格に向けて強力にサポートして参ります。

 <PBL勉強法>
  受験勉強は、系統立てての医学の勉強と勉強法が違います。1からの勉強と違います。
 受験勉強には時間とレベルがあります。試験の時に、このレベルの知識がわからないと不合格になります。
 <出題されそうなところを把握する、掴んで離さない。>
  −重点の把握
  問題を作る側は、その科目の重要なところを知っているかを問います。その科目の重点です。
 −勉強法
  受験勉強は、問題から始める。−重点の確認。過去問をやる。−傾向、レベルの確認。
  問題をやって、わからないところ、間違えたところを、成書に返って調べる。確認する。
  −ここが、あなたの勉強するところです。
 ・科目別に問題で確認する。−試験形式で、合格レベルを確認する。−足りないところを調べる。
 −合格レベルに達するまでやる。
 −そして掴んだら離さない。−把握−アウトプットの勉強会
  上記が予備試験合格のPBL受験勉強法です。
                                  松浦研究所 
 <場>の提供
  各自が課題を解決するための場を提供します。
  イベント、勉強会−情報交換、アドバイス、ヒントを得る<場、時間>として活用して欲しいです。


     〜〜〜自主勉強会 (無料) 〜〜〜
   教わることから → 出来ること。 やってみる<勉強会>
  海外生が受ける、日本語診療能力調査、実地試験は、口頭実技試験です。
  知ってることが、日本語で、出来なければなりません。 

  1.日本語診療能力調査対策実技勉強会 
    医療面接、身体診察、症例の勉強など―出来るが目的です。
  2.実地試験対策実技勉強会 
    口頭試問実習、症例の勉強など―出来るが目的です。
  3.医学日本語勉強会
    日本語で、読む、話す、説明できる。講義が聴ける、医学日本語力アップが目的です。
   上記をテーマに勉強会を行います。
   ※詳細はお問い合わせください。